2012年05月28日

objective-c 位置情報設定画面へ飛ばす

お願いします♪いいねとかつぶやいたりして下さい
 
位置情報をオンにする画面へ。

[[UIApplication sharedApplication] openURL:
             [NSURL URLWithString:@"prefs:root=LOCATION_SERVICES"]];



たったこれだけ。

だから
・位置情報をオンにしなかったら

この画面に強制的に飛ぶようにすればよい。
関連するタグ:
あなたにとって有用な記事でしたか?是非ブックマークしておくことをおすすめします。
 




ライブラリを配布しちゃったり
webデザイン
Fireworks
HTMLコーディング
CSS
Dreamweaver
携帯サイト
webプログラム
PHP
正規表現
cakephp
MYSQL
javascript
webマーケティング
adwords
analytics
windows7
ショートカットキー
おすすめ情報
サイト
facebook
ライブラリ
配布
アプリ
iphone
ipad
サーバー
さくらサーバー
全ての記事を読む




トップ - 最新の記事一覧 - お問い合わせ