2012年05月02日

最近のSEO対策と被リンクについて

お願いします♪いいねとかつぶやいたりして下さい
 
うちは色々なSEOサービスを提供してきたが、最近のSEO対策についてはこう考える。

seo対策という言葉が出来あがった時期

・出会い出会い出会い出会いとひたすら羅列すれば順位が上がった
・内部対策が大切だった

その後
・リンクを貼るだけで上がっていた(いわば被リンク)
・相互リンクでも恐ろしい程リンクが上がった。
新規サイトを構築し、一気に5000ドメインから seo対策というキーワードでリンクを貼ったが、
余裕でgoogle10位以内に入った。(今では信じられない)


この頃から ppc広告とかいうのが流行しだした。
当時は 相互リンク、SEO対策というキーワードでも 100円に満たない金額で広告を出稿できた。
なので非常にコストパフォーマンスに優れた物だった。


現在

・PPC広告の無料のクーポンをDMでばらまくようになった。3000円から10000円。
この狙いは、PPC価格の競争の底上げ。
つまり、100円程度のキーワードでの競争を 300円とか500円までヒートアップさせるため
googleが仕掛けた罠。

こんなことしてるからPPC広告のコストパフォーマンスは落ちた。

・SEO対策
SEO対策に金使う客も、PPC広告に金使う客も同じ層。
つまりgoogleは

「seoに金使う位なら、PPC広告に金使えよ」

と言わんばかり。

よってSEO対策に金を使わせないために順位を安定させないようにしてるように思う。

・被リンクも効果ない
・内部対策も効果ない
・SEOでは売り上げが安定しない
・バナー広告は有料広告と見なす

・・・
・・・

となればお客さんは

「PPC広告しかない。よし!PPCだ!」

となるからである。

でも、PPC広告は先ほど言ったように google が儲けるためにひたすら無料クーポンを配っている。
これじゃPPC広告もコストパフォーマンスは良くない。

seo対策じゃ売り上げが安定せず、
PPC広告じゃコストがかかりすぎる。

だから、googleは最高益をガンガンたたき出せるって訳なんですね。

SEOダメ、PPCダメ。メルマガは迷惑メール行き。
じゃあどうやって売り上げを伸ばせばいいの?

そんなアナタ。まだ方法はあるんです。
関連するタグ: PHP サイト
あなたにとって有用な記事でしたか?是非ブックマークしておくことをおすすめします。
 




ライブラリを配布しちゃったり
webデザイン
Fireworks
HTMLコーディング
CSS
Dreamweaver
携帯サイト
webプログラム
PHP
正規表現
cakephp
MYSQL
javascript
webマーケティング
adwords
analytics
windows7
ショートカットキー
おすすめ情報
サイト
facebook
ライブラリ
配布
アプリ
iphone
ipad
サーバー
さくらサーバー
全ての記事を読む




トップ - 最新の記事一覧 - お問い合わせ